おもてなし英会話

【英語で道案内】交通手段の言い方を覚えよう「そこへはバスで行けます」

投稿日:

交差点とタクシー

 

外国人に道案内をするときに、目的地までの距離がある場合は、交通手段を含めて教えてあげる必要があります。

そんなときに慌てないために、「交通手段の伝え方」を知っておきましょう。
意外と簡単に覚えられます。

 

基本例文と移動手段のバリエーション

例文

You can go there by bus.

そこへはバスで行けます。

「by bus」の部分は、他の移動手段の場合はこのようになります。

  • by train(電車で)
  • by subway(地下鉄で)
  • by taxi(タクシーで)
  • by walking(徒歩で)
  • on foot(徒歩で)

この例文は汎用性が高いので、「by bus」の部分を入れ替えながら何度も音読して、まるごと覚えてしまいましょう。

 

ポイント

「by bus」のbusの部分の名詞は、無冠詞になります(aやtheは付けません)。

何時何分発、のような特定のバスのことを言っているわけではなく、単に移動手段としてのバスを指しているため、冠詞を付けません。

 

その他の移動手段の言い方

道案内ではあまり使う機会が無いかもしれませんが、他の交通手段の場合では、例えばこんな言い方になります。

  • by airplane(飛行機で)
  • by ship(船で)
  • by ferry(フェリーで)
  • by bicycle(自転車で)

 

まとめ

何を使って移動するのかを表現するときには、

by + 乗り物(無冠詞)

の形で言えることを知っておきましょう。

これさえ知っていれば、例えば、

I go to work by train.(電車で通勤しています。)

I go to school by bicycle.(自転車で通学しています。)

のような日常会話でも応用できますので覚えてしまいましょう。

 

-おもてなし英会話
-,

Copyright© 巣立ちのEnglish , 2020 All Rights Reserved.