英単語

morning、afternoon、evening、nightって具体的に何時ぐらいを指すの?

投稿日:

青の教会の時計

 

一日の中の時間帯を表す英単語として、
morning、afternoon、evening、nightのような言葉がありますが、
これらの単語は具体的には何時~何時ぐらいまでのことを意味しているのでしょうか?

 

morning、afternoon、evening、nightの時間帯

morning

morningは、日の出から正午までの時間帯です。

日本語でいうと「朝」や「午前中」に相当するような言葉です。

afternoon

afternoonは、正午から日没あたりまでの時間帯です。

日本語でいうと「午後」に相当する言葉です。

evening

eveningは日没から夜の10時ぐらいまでの時間帯です。

10時ぐらいまで、と書きましたが、夜の何時ぐらいまでを指すかはボンヤリしていて、だいたい就寝時ぐらいまでの感覚です。

eveningを「夕方」と思っている方も多いかもしれませんが、夕方だけを指す言葉ではありません。

night

nightは日没から日の出までの時間帯です。

日本語でいうと「夜」に相当する言葉です。

 

1日は4つの時間帯に分けられる

1日は4つの時間帯に分けて考えられます。

  • morning:日の出から正午まで
  • afternoon:正午から日没まで
  • evening:日没から就寝まで
  • 深夜の時間帯(就寝している時間帯)

 

深夜の時間帯の呼び方

深夜の時間帯については、

  • night
  • late night
  • grey of morning(「未明」の意味)

のような呼び方があります。

midnightという言い方は、夜の12時ちょうどを指す言葉で、「深夜の時間帯」を指す言葉ではないので注意が必要です。

 

1日を昼と夜に分けた場合

先ほどは1日を4つの時間帯に分けた呼び方でしたが、
単に「昼と夜」という分け方の場合は、昼がday、夜がnightです。

 

時間帯まとめ

ここまでの内容を図にまとめるとこのようになります。

図では、日の出を6時、日没を17時としています。
morningなどの言葉が指す時間帯は感覚的なものなので、カッチリと何時から何時までと決まっている性格のものではありません。
だいたいこのあたりの時間帯を指す、ぐらいにとらえてください。

一日の中の時間帯を示す言葉

eveningの時間帯さえ理解していればそれほど難しいことはありません。

 

補足(noonとmidnight)

midnightについては前述しましたが、

noonとmidnightは、「昼」や「深夜」のようにボンヤリとした時間帯を指す言葉ではなく、

  • noon:正午(昼の12時ちょうど)
  • midnight:夜の12時ちょうど

と、ピンポイントの時間を指す言葉です。使い方を間違えると誤解を生んでしまいかねないので注意しましょう。

例えば、

I will come back at noon.

は、「正午(ちょうど)に戻ります」という意味になります。

「お昼ごろに戻ってくるよ」と伝えるつもりで、
「I will come back at noon.」と言ってしまうと、相手は12時キッカリに戻ってくると受け取ってしまいます。
「正午になっても戻ってこないじゃないか」と相手を怒らせてしまうような事態にもなりかねません。

「お昼ごろ」と言いたい場合は「at noon」ではなく「around noon」や「about noon」という言い方をします。

 

まとめ

morningのような単語は、誰もが知っているような基礎的な言葉ですが、なんとなくぼんやり理解してしまいがちな言葉でもあります。

それぞれの言葉が持つ意味を確認して、正しく使えるようにしておきましょう。

 

 

-英単語
-

Copyright© 巣立ちのEnglish , 2020 All Rights Reserved.