英文法

時を表す英語での前置詞「at、on、in」の使い分け方

投稿日:

時計

 

英文で「時を表す部分」というのは、だいたい文の最後の位置に置かれます。

例えば、

I get up at 6:30.

だったり、

I was born in 1990.

のように、文末に、

(前置詞)+(時)

の形となることが多いです。

 

このときに厄介なのが「前置詞」で、「at」のときもあれば、「on」や「in」のときもあります。

これが日本語であれば、
「6時30分に」とか「1990年に」というように、
時を言いたいときには、たいがい「に」を付ければ済んでしまうのでカンタンですが、

英語の場合は、面倒なことに前置詞を使い分けなければなりません。

 

at、on、inをどう使い分ければいいのか、また、前置詞を付けなくていいパターンもあるのでそれも含めて、ルールをまとめました。

 

前置詞(at、on、in)の使い分け

at、on、inの使い分け方のコツは、イメージでとらえることです。

  • atは点(ピンポイントの時刻)
  • onは日
  • inは幅のある期間

これさえつかんでおけば、かなりの範囲で対応できます。

 

「at」になるケース

atのイメージは、「点」です。

「7時30分」のように、ピンポイントで「何時」と言うような場合にはatになります。

at 7:30  :7時30分に

at noon  :正午(昼の12時ちょうど)に

at midnight  :夜の12時ちょうどに

例)He called me at 10:00. (彼は10時に私に電話をした。)

また、

at breakfast  :朝食時に

at lunch  :ランチ時に

at dinner  :夕食時に

のように、何時何分というほどピンポイントではなくとも、短い時間帯を指す場合にatになります。

 

「on」になるケース

「日」を指す場合、前置詞はonになります。

on Monday  :月曜日に

on May 15  :5月15日に

on my birthday  :私の誕生日に

例)I will go there on Thursday. (木曜日にそこに行きます。)

 

「in」になるケース

幅のある期間を指す場合、前置詞はinになります。

in January  :1月に

in spring  :春に

in 2020  :2020年に

in the 20th century  :20世紀に

int the 90's  :90年代に

例)School begins in April. (学校は四月に始まる。)

 

ひまわり

 

 

at、on、inを「時間の長さ」の観点で比べると、基本的には

at(時刻) < on(日) < in(期間)

という関係性になります。

 

ただ、例外もあって、

in the morning  :午前中に

in the afternoon  :午後に

in the evening  :夕方、晩に

のように、「日」よりも短い場合でも「in」が使われることがあります。

しかしこの場合でも、「幅のある期間」というinのイメージは同じです。
(一日の中での期間)

 

前置詞を付けないパターン

this、next、last、everyが付くケース

頭にthis、next、last、everyが付く場合は、atなどの前置詞は付けません。

this week  :今週

next week  :翌週

last week  :先週

every week  :毎週

 

this month  :今月

next month  :翌月

last month  :先月

every month  :毎月

例)I took an exam last week. (試験を先週受けた。)

 

なお、同様のケースで

this morning  :今朝

this afternoon  :今日の午後

this evening  :今日の夕方、晩

がありますが、
今夜という場合は「this night」とは言わず、「tonight」となるので注意が必要です。
(tonightも前置詞は不要です)

例)Let's get together tonight. (今夜集まろう。)

 

一語で成立するパターン

today

tomorrow

yesterday

now

などは前置詞を付けずに単体で使います。

これらは、文法的に言えば「時を表す副詞」と呼ばれるもので、一語で副詞の働きをするため前置詞を必要としません。

例)I am going to see him tomorrow. (明日、彼に会います。)

 

 

まとめ

  • atはピンポイントの時刻、onは日、inは幅のある期間、のイメージで使い分けるのが基本。
  • 頭にthis、next、last、everyが付く場合には前置詞は不要。
  • today、tomorrowなどの時を表す副詞では前置詞は不要。

例外となるケースもありますが、これらのルールを知っておけば、時を表す表現で悩むことはだいぶ少なくなるのでしょう。

 

-英文法
-,

Copyright© 巣立ちのEnglish , 2020 All Rights Reserved.